宅配野菜、比較、ランキング

らでぃっしゅぼーやのシステム&料金



らでぃっしゅぼーやの注文システム、料金などの情報をまとめました。(2015年7月現在)

らでぃっしゅぼーやの注文システム
  • 毎週決まった曜日に届く有機・低農薬野菜セット「 ぱれっと 」と、
    欲しいときに選んで注文できるカタログ「 元気くん 」がある。
  • トライアル期間(1〜8週)は、入会金無料。年会費は初年度無料(次年度以降はカタログ不要の方のみ無料)。
  • カタログ「 元気くん 」の商品は、メンバーズサイト、注文票、電話で注文できる。
  • 野菜の価格が高騰しても、価格が一定。
  • 専用車地区なら、「 ぱれっと 」の送料はずっと無料
  • ぱれっと 」のお休み、変更は随時(お届けの7日前まで)可能。

らでぃっしゅぼーやのメリット
  • ずっと定額なので、家計管理がラク。
  • 専用車地区なら、「 ぱれっと 」の送料はずっと無料。
  • 届く野菜がお任せなので何が入っているか楽しみ。

らでぃっしゅぼーやの料金
  • トライアル期間(1週〜8週)は、入会金無料、年会費初年度のみ無料。(次年度以降はカタログ不要の方のみ無料)
  • ぱれっと 」の送料
    <専用車地区>無料、<エリア外>0〜800円(ヤマト便)
  • 元気くん」の送料
    <専用車地区>0〜350円、<エリア外>0〜800円(ヤマト便)
  • 支払い方法はクレジットカード、もしくは指定口座からの引き落とし(引き落とし手数料は無料)。
  • 定期便「ぱれっと」は割安感あり

らでぃっしゅぼーやの戸別宅配トライアル
  • 入会金・年会費無料で8週間お試しできる。
    8週目の配達日の翌営業日までに退会の連絡をすれば、入会金・年会費はかからない。
  • ぱれっと 」料金例…いちばん小さいセット(野菜約8種+卵6個)で1,897円、卵なしで1,575円。

らでぃっしゅぼーやの放射能対策



らでぃっしゅぼーやは、第三者分析機関で東北・関東地域の農産物の放射性物質の検査を行っています。
現在では、結果は「不検出」あるいは暫定規制値を大きく下回る数値となっているそうです。

らでぃっしゅぼーやの放射性物質検査
  • 【作付前】土壌検査
    摂取制限や出荷制限がかかった地域の、畑の土壌をサンプリング採取し、放射性物質を計測。
    計測した結果、オーバーした場合は作付けしない、収穫しないなどの判断を実施し、低減する施策を生産者とともに実施していく。


  • 【出荷前】産地から抜き取りサンプル検査
    抜き取りサンプルを第三者分析機関に提出し、核種別の放射性物質検査を行っている。
    暫定規制値をオーバーした値が検出された場合は、出荷を止める。検査結果はサイトで公開。


  • 【納品時】表面放射線汚染の測定
    納品時に、表面放射線汚染モニター(コンタミネーションモニター)で東北・関東産の野菜を中心に抜き取りサンプルを簡易測定。
    万が一異常が検知された場合は、配送を停止。


  • 【納品時】第三者分析機関でより詳しい分析
    納品時に簡易測定して、万が一異常値が検知された場合は、第三者分析機関で検査を行う。


  • 【納品時】さらに分析を精緻化
    ……植物・食品放射線ベクレルモニターで、定期的に、もしくは異常検知後の農産物について、単位面積あたりのベクレル数に加え、kgあたりのベクレル数を自社でも測定


  • 2011年7月現在の基準値は、厚生労働省の暫定規制値と同じ値である、ヨウ素2000Bq/kg、セシウム500Bq/kg。

出荷制限の基準値は国の暫定規制値を採用しているものの、徹底して何重にも検査を行い、ほぼ検出されていない状態だそうです。
こういうときは、大手の宅配サービスのほうが独自の対応が早く、安心できるかもしれませんね。
これまでに検出された値に関しては、公式HPを確認したところほぼすべての項目で「不検出」でした。最新情報はぜひサイトでご確認くださいね。

ちなみに検出限界値に関しては、電話で問い合わせたのですが、たまたま担当の方が「検出限界」を理解していらっしゃらなかったようで、話がかみ合いませんでした……。
サイトで公表されている検査結果を見ると、1ケタの数字が出ている箇所がありましたので、10ベクレル以下と判断してよいのかなと思います。