宅配野菜、比較、ランキング

Oisix(おいしっくす)のシステム&料金



Oisix(おいしっくす)の注文システム、料金などの情報をまとめました。(2011年7月現在)

Oisix(おいしっくす)の注文システム
  • ネット上で注文が完結(携帯からもOK)。
  • 配達希望日時と場所を毎週指定できる。
  • 毎週好きなものを買える。
  • 周期を毎週から隔週に変更できる。
  • 1個から注文OK!
  • 玄関前への留め置きはなし、電話一本で再配達(〜21時まで)。
  • カートにおすすめ食材が入っているけど、変更もできる。

Oisix(おいしっくす)のメリット
  • 産地・生産者の確認をしながらお買い物ができる。
  • 配達日時が選べて、都合が悪いときは変更・キャンセルもできる。
  • 買い物料金に応じて送料が最大で無料になる。

Oisix(おいしっくす)の料金
  • 入会金・年会費無料
  • 基本送料は170円。(6,000円以上で100円、8,000円以上で無料)
    ※地域や商品によって追加料金あり
  • 全体的に、野菜の価格はやや高め。

Oisix(おいしっくす)のお試しセット
  • 13品3,500円相当 → 送料無料1,980円! 9品980円、17品2,900円のセットもあり。



ご参考までに、私の「おためしセットレビュー(写真付き)」もどうぞ☆

Oisix(おいしっくす)の放射能対策



Oisix(おいしっくす)は独自の基準に基づいて、毎日「全アイテム検査」を実施しているので安心感があります。

Oisix(おいしっくす)の放射性物質検査
  • 全アイテムを出荷前に毎日検査
    震災前の国の基準に基づいて検査を行う体制に変更。
    震災前の国の基準で定められている、食品における放射性セシウムの値は370Bq/kg(震災後の暫定基準値は500Bq/kg)。
    放射性ヨウ素については震災前の国の基準値では定められていないため、放射性セシウムと同様に370Bq/kg を基準としている(震災後の暫定基準値は2000Bq/kg)。

    一般的な「一部サンプル抜き取り検査」ではなく、青果物、乳製品、卵、鮮魚、精肉の対象アイテムについて 「全アイテム検査」を流通前に毎日行なっている。
    震災前の国の基準値に基づき、下回るものを合格としている。 (2011/7/13現在)

  • 「ベビー&キッズ商品」に関しては、測定数値結果を週次で報告。基準値はヨウ素100Bq以下。
    毎日検査しており、実際にはサービス開始時から現在まで一度も検出されていない。
    万が一数ベクレル程度の検出が確認された場合は、その数値もあわせて掲載するとのこと。

「数ベクレルでも検出された場合は数値を掲載する」ということは、検出限界値が少なくとも10ベクレル以下ということですよね。
このような精密な検査は多大な手間と時間がかかり、企業にとっては大変なコストだと思います。
しかし、消費者にとっては本当にありがたいですね。数値が分からないと、疑わしい産地の食材はすべて排除せざるをえなくなってしまいます。

2011年8月12日追記

念のため、検出限界値についてメールで問い合わせてみました。
問い合わせなどが殺到しているらしく、電話はたいてい通話中のうえに、メールの返事も10日以上経ってやっともらえたという状況でしたが、大変丁寧にご回答いただきました。一部抜粋してご紹介いたします。

(ここから)
放射能検査の検出限界値についてでございますが、STEP3の検査におきましては外部の検査機関を活用し、その測定精度を確認しております。
当社の検査にて、微量の検出の疑いがある食品を検査機関で調査した結果、1Bq/kg以下であるとの結果を得ております。 なおその他のステップにつきましては、検査環境により異なるためご回答させていただいておりませんが、セシウム、ヨウ素とも370Bq/kg以下であることを担保する検査体制となっております。


このようなきめ細かい数値での検査体制を伺い、ますます安心しました
Oisix(おいしっくす)の放射能対策についてもっと詳しく知りたい方は、最新情報をこちらでご確認ください。